妻を放っておいて風俗へ。

いや、放っておかれているのは僕の方かもしれません。最近、妻は僕を放ってホストに通っているようです。詳しくは知りませんが、なんかそういったメールが入っているのを偶然見てしまったので、なんとなく妻がホストにハマっているのはわかるのです。そこで、僕も風俗を使ってみることにしました。今まで勤勉で真面目に生きていた僕ですが、妻が影で楽しんでいるのなら、僕も楽しむ権利があるはずですからね。早速女の子をチョイスして、ホテルで楽しませてもらいました。風俗って店に行って使うものばかりだと思っていたのですが、ホテルで楽しめるものもあるんですね。これなら足がつかないし、きっと大丈夫です。プレイを一通り満喫した感想ですが、めちゃくちゃ良かったです。何より最高に癒されたから、また使いたいなぁと思いました。ただ、風俗を使い終わった後、「なんか女の子の匂いがする」って妻にバレそうだったのには、ハラハラしましたね(笑)。

胸が全然ない風俗嬢だったよ。

女性の身体の魅力って、胸とアソコくらいしかないですよね。好きな人によってはお腹とか太ももとか好きな人がいますが、あまり種類は豊富ではありません。そんな中、僕が使った風俗嬢は、本来魅力であるはずの胸さえもない子でした。カップはAということだったのですが、Aすらないんじゃないかってくらい小さかったです。ただ、なんだかそれが魅力に思えてしまったんですよね。本来あるはずの胸がない。成長していないのか、それとももともと胸が小さいまま大人になってしまったのか。それは定かではありませんが、妙な背徳感を覚えた気がします。胸が小さいと、魅力もないはずなのに、僕の心はドキドキしてました。貧乳好きが世の中にはたくさんいると聞きますが、まさか自分が貧乳好きになってしまうとは思ってませんでした。まだまだ風俗嬢と楽しみたいと思ったし、あの貧乳を揉み揉みしたいです。風俗嬢の魅力は、マイナスにすると逆に魅力になるのかもしれませんね。